たべものばかり

おいしいもの欲と育児の狭間から生まれるスパイス多めの簡単クイックレシピ

【カブの葉とツナのふりかけ】は、我が家の定番おかずに決まりました。

f:id:isoos:20220203092911j:image

八百屋さんで買う新潟県産のカブが、めちゃくちゃおいしいんです。
塩とお酢で浅漬けにして食べたら、ミズミズしくて、歯ごたえがしっかりあって、ほんのり甘くて、ほんと、たまらなくおいしいんです。

そんな、カブの季節ですね~。

毎回、立派なカブの葉もついてくるのも嬉しい。
そのカブの葉を使って、ごはんがもりもり進む「ふりかけ」のレシピです。

◍材料
・カブの葉 カブ3ヶ分(茎は0.5㎝、葉っぱの方は、みじん切りになるようにカット)
・ツナ 1p
・ゴマ
・塩 ・お酢
ゴマ油 ・しょうゆ

◍作り方
①カブの葉は切りながらジップロックに入れて、塩小1とお酢大2/3~1をもみこみ、一晩冷蔵庫に置いておく
②①のカブの葉をしぼり、ジップロックの入り口を少し開けてそこから水を出す。
しっかり、絞る

f:id:isoos:20220203101434j:image

③絞ったカブの葉をフライパンで乾煎り(強火だと焦げるので火加減に注意)
④色が変わってきたら、一度火を止める
f:id:isoos:20220203101443j:image

⑤ツナを加えます。パックに残ったツナを入れるためにパックに水を少々いれて、水ごと流し入れる
⑥炒めて、全体がなじんだら、しょうゆで味を決める。
ゴマ、ゴマ油も加えて完成

f:id:isoos:20220203101451j:image
f:id:isoos:20220203101458j:image

ごはんがもりもり進みますよ~~~~~~~。
ツナと酢の酸味がいいあんばい。

給食で食べた「のり酢和え」を思い出す味。

cookpad.com

懐かしいです。

「海苔とお酢とゴマとツナ」
この組み合わせが、野菜をおいしくしてくれていたんですねー。

そんな思いでの味がよみがえった今回の「カブの葉とツナのふりかけ」ですが、
何回か繰り返して作ったところ、毎回おいしくできました。

ので、我が家の定番おかずに決定です。

ちなみに、このツナパックの容量は60g。
ツナ缶(小)は70g、ツナ缶(大)は140g。
少量使いたい時には、少な目容量のものがありがたい。
そして、パックだとストックの場所を取らない。缶より手軽に使える。

なんだか、ツナマヨおにぎりが食べたくなってきた。
コンビニおにぎりって、たまに無性に食べたくなる。
セブンイレブンのデリー監修のおにぎりが毎回おいしいので、
セブンに行く頻度が増えます。

次回作も楽しみです!!

以上です。