たべものばかり

おいしいもの欲と育児の狭間から生まれるスパイス多めの簡単クイックレシピ

青い葱は捨てないで!!!

f:id:isoos:20220522065650j:image

前回に引き続き、捨てないでシリーズ。

今回は、長ねぎの上の青い部分。

現在働いている職場では、この葱の青い部分も、キャベツの外側の青い葉も
レンコンの皮もじゃが芋の皮も使っています。

今までの職場では、捨てていた部分。
私も、先入観から、おうちで料理するときは捨てていました。

でも、おいしく食べれると分かってからは、捨てることはなくなった!!!!

以前、「徹子の部屋」にて、鈴木京香さんも
長ねぎの青い部分の内部にあるトロトロをとって、炒めると、とてもおいしい!!!
とおっしゃっておりました。

ということで、

離乳食で葉を使った残りの小松菜の茎と長ねぎの青い所を使った
「青い炒め物」のレシピです。


f:id:isoos:20220522065658j:image

◍材料
・長ねぎの青い部分 (小口切り)
・小松菜の茎(1㎝長さにカット
・生姜
・赤唐辛子 1本
ゴマ油
・塩 ・ゴマ

◍作り方

f:id:isoos:20220522065707j:image

①油に生姜、半分に割った赤唐辛子を入れて、香りが出るまで炒める
f:id:isoos:20220522065718j:image
②野菜を全ていれて、塩をふって動かさずに焼く

③水分が出てきたら、水分を飛ばすように炒める
f:id:isoos:20220522065730j:image

④ゴマをふって、味を整える
⑤水分がなくなったらできあがり
f:id:isoos:20220522065739j:image
焼き付けた香ばしさと、くたっとなった食べやすい食感。
味は、野菜の旨味がぎゅっとて、
塩だけで味つけしたので、さっぱりしています。

青葱の香りも良いシゴトしてます。

砂糖を加えたら、佃煮に近くなるかな。

赤唐辛子を種ごといれるので、ピリ辛です。
もっと辛くしたいなら、一味をわんさか入れるといいかも!!
今の時期なら、しし唐や南蛮でつくると、爽やかな辛味と青臭さがたまらないだろうな~~~~~。

夏は、爽やかな辛味がたまりません!!!!!

あ~~~~
そういうものを薬味にして
そうめん食べたい!!!

夏休みがほしいーーーーーーー!!!!!!

以上です。