たべものばかり

おいしいもの欲と育児の狭間から生まれるスパイス多めの簡単クイックレシピ

【白菜】をどっさり食べよう白菜×ベーコンで「コールスロー風」

f:id:isoos:20221121061224j:image

冬と言えば、鍋。

鍋と言えば、白菜。

白菜、おいしいですよね。

白菜って、芯の部分には筋みたいな繊維がしっかりあって、
煮たらくたくたになるけど、食物繊維とれてるなあ。って得したした気分になります。

そんな、白菜。
わたしは、繊維をたつ切り方より、繊維にそって切る方が好き。
ですが、後者の方が、切るのは手間です。

急いでいる時には、白菜を横向きに置いてザクザク切るのが、やはり楽。

今回は、そんな風にザクザク切って
超絶簡単に多めの白菜をおかずにできちゃうレシピです。

◍材料
・白菜 1/4玉(繊維をたつ向きで短冊切り)
・ベーコン 好きなだけ(短冊切り)
・塩 適量
・米酢 適量
・オリーブオイル 大1

◍作り方
①鍋にオイルとベーコンをいれて、ベーコンの脂を出すように炒める
②切った白菜は水分をきっておく

f:id:isoos:20221121061234j:image

③ベーコンがこんがりしてきたら、白菜を全部鍋にいれる
(無理やりいれる)
④塩、お酢をいれて、蓋をして中火にかけるf:id:isoos:20221121061242j:image

⑤白菜から水分が出てかさが減ってきたら、蓋をはずして、お好みの白菜の硬さになるまで火を通す
⑥塩、酢、お好みで砂糖で味を調整してできあがり
f:id:isoos:20221121061249j:image

酸味とベーコンの旨味と、白菜の甘味が良い感じ♪

白菜からでる水分がとても多いので、途中で蓋を取ることがポイントです。

見た目よりも、おいしいです。

冷めると、どうしてもベーコンの脂が固まってしまいます。。。。
気になる場合は、少しレンチンすることをおススメします。

もちろん、冷蔵庫からだしてそのまま食べても、おいしいです!!!!!

それにしても、寒くなってくると、
常備菜を冷蔵庫から出して、そのまま食べると、
「冷たい~~~~」って、なってしまう。。。。

他に温かいおかずはあるんだけど、冷たい常備菜にもやもやしてしまう、最近。

漬物、ナムル系のものは冷たくていいんだけど。。。。

仕事帰りに娘を保育園にお迎えに行き、お風呂に入って夕飯。
の流れなのですが、
ずっと、作り置き生活をしてきたので、できたての夕飯を食べることって少ないです。

出来たての料理ってやっぱりおいしいんだよなあ。

 

みんな、どうしているんだろう~~~~

 

なんて考える最近でした。。

 

では、以上です。

按田餃子のある生活

f:id:isoos:20221018064513j:image

気付けばもう11月も半ば、、、、

あっという間に年末がきてしまう。。。
今年も、終わってしまうのですね。
まあ、終わったらすぐに新しい年が始まっちゃうので、忙しいものです。。。

そう、年末にかけてのこの時期、お仕事忙しい。ですよね。。

そんな、あわただしい時に冷凍庫においしい料理が眠っている。って
最高ですよ~

って、いうお話です。今回は。

 

最近、はまりにはまっている按田餃子さんで、
自分の誕生日に爆買い(オンライン)しました。

その冷凍餃子が、最高においしいのです。

「今日は帰ったら餃子を茹でよう」

そう思えるだけで、お仕事頑張れます。
テンションが変わってきます。

とにかく、按田餃子おいしいから。ほんとに助かってます。

f:id:isoos:20221018064603j:image

ずぼらなので、茹でた鍋のまま食卓へ、どん。
(鍋のままだと保温効果があると思う!!!!)

赤玉ねぎの酢漬け*1にキュウリとトマトを入れた写真手前の料理とも、相性よしだし、
ふやかしたひじきをいれただけの炊き込みごはんとも、相性よしだし、

どんな食卓にも邪魔しないで、ひっそり助けてくれる。

そんな、按田餃子が大好きです!!!

食べたことない方は、一度は食べてみて頂きたい。

茹で方はYouTubeで紹介してます!!!
動画だと安心しますよね!!!!


www.youtube.com

いつも、ストックしておきたい。

4種のセットを購入しました。
全部違って、全部おいしいです。

あー、また買おう。
冷凍庫にいれておこう。

 

いつも、助けられております、按田餃子。
ありがとうございます。

以上です。

 

 

 

忙しい真ん中水曜日!!蒸しておけば、楽チン調理!!しかも茹でるより早い!!!!

f:id:isoos:20221018063638j:image

最近、卒乳したムスメの食欲がほんとうに凄くて、料理が追いつかない。

そんな時、とりあえず野菜や芋を蒸しておけば、すぐに食べさせられる。
茹でるより、蒸す方が早い気もします。
茹でるための水より、蒸すための水の方が少なくて済むからでしょうか。。。

先日、じゃが芋を蒸すついでに「ニンニク」もまるっと入れて蒸してみました。
意外と、すんなりほっくり柔らかくなってくれた「ニンニク」

これは、今後、料理に使えるかも。。。
蒸しニンニクに可能性を感じました。

今回は蒸したじゃが芋とニンニクで1品作りました。

◍材料
・じゃがいも
・ニンニク
・塩
・オリーブオイル

◍作り方
①じゃが芋は3~4等分にかっと、ニンニクは1片ずつそのまま
②蒸し器で箸がすっとはいるまで蒸す

f:id:isoos:20221018063647j:image

③じゃが芋とニンニクをフォークで潰して、塩とオリーブオイルで味付け
f:id:isoos:20221018063656j:image

④出来上がり
f:id:isoos:20221018063704j:image

めちゃめちゃシンプルでが、おいしいですよ~

ニンニクの存在感はそこまでありません。
やさしい風味が漂っています。

ニンニク好きなら、量を増やすとガツンとしたできあがりになると思います。

それにしても、「蒸す」って、いいですよ。

皮のまま蒸したら、皮をむくのも簡単だし。

なにより、やっぱりおいしいと思う。
さつま芋や、茄子は蒸すと最高。

蒸籠、せいろ

セイロが欲しい。

按田さんの影響です。

以上です。

 

【ゴーヤの延命レシピ】まだゴーヤを食べている方は是非!!


f:id:isoos:20220914033142j:image新潟の実家から、まだゴーヤが送られてきます。
ゴーヤの生命力、強い!!!!

寒いのが苦手な私は、寒くなってくると
気分が落ちがち。。。。

そんな時にゴーヤを食べると、心だけでも夏気分。

今年、たくさん食べたゴーヤ料理で
気に入った調理法で、ゴーヤ〆。

まだ、ゴーヤが手に入るかた、又は来年の夏に向けて、
参考になったら嬉しいです。

 

◍材料
・ゴーヤ 2本(スライス)
・鮭缶 1缶
・塩
・酢
・油
(・マスタードシード、赤唐辛子)

・カレー粉
・ケチャップ

f:id:isoos:20220914033211j:image

◍作り方
①切ったゴーヤに塩小1くらい、お酢大1くらいをかけて手でもむ
②フライパンに油とマスタードシード、赤唐辛子をいれて炒める

f:id:isoos:20220914033233j:image

マスタードシードがパチパチしてきたら、火を止めて①のゴーヤを水分をしぼりながら加える

④しんなりしてきたら、鮭缶を加える
f:id:isoos:20220914033226j:image

⑤カレー粉、ケチャップを加えてよく炒める
⑥全体がしっとりするまで炒めて、塩、酢で味を調整
f:id:isoos:20220914033242j:image


f:id:isoos:20220914033249j:image
できあがり~~~~~~~!!!!!!

ゴーヤを塩と酢でもんでおくことがポイントです!!!!!!!

お砂糖を少し入れると、苦みが軽減されます。

ゴーヤの塩もみは、
色んな炒め物に使えます!!!!
かつお節とゴーヤだけでもおいしいです!!!

ぜひ、来夏に!!!!!!!!!!

夏よ!!早く来い!!!!

以上です。

按田餃子のYouTubeで習った「玉ねぎの酢漬け」の素晴らしさ ~ちらし寿司に応用~

f:id:isoos:20221003062731j:image

按田餃子というご飯屋さんはご存じでしょうか??

名前の通り餃子(水餃子)がメインのご飯屋さんなのですが、
その他にも「ラゲーライス」と言われる豚肉とキクラゲの煮込みをごはんかけたものや、
具材がたくさん乗っている和え麺や、
茹で青菜があったり、お漬物があったりと、
定食屋さんのような居酒屋さんのような、中華のような、和食のような。。。

その時に食べたいものを、好きなように選んで調整して食べられる
とてもとても助かるご飯屋さんなのです。


f:id:isoos:20221006044009j:image

泡菜乾麺と水餃子(香菜と胡瓜)
混ぜて食べる麺。刻んだ漬物が抜群においしい要になっていて、最高。f:id:isoos:20221006044205j:image

ラゲーライスとしゅわしゅわ茶。
しゅわしゅわ茶が燻製香がして、不思議な飲み物。とてもおいしい。
あーーーーラゲー食べたいーーーーーー。

 

そして、体に良い要素が自然に組み込まれている感じ。無理してない感じ。
が非常に好きです。

先日、久々に行ったら
やっぱり最高で、最高すぎて、最近はYouTubeチャンネルを
なでるように大事に大事に見ています。
内容も最高です。
自炊にいき詰っている方は、見てみることをおススメいたします。

今回は、そんな按田餃子さんのYouTubeで紹介されていた「玉ねぎの酢漬け」を使った一品をご紹介します。
ごはんに乗せるだけでできちゃうちらし寿司です!!!!!

◍材料
・赤玉ねぎ 1ヶ(粗みじん)
・玉ねぎ 1/2ヶ(粗みじん)
・塩 大1より少し多いくらい(適当)
お酢 玉ねぎが半分つかるくらい(適当)
・ちらし寿司にしたい食材

 

◍作り方
①玉ねぎの酢漬けを作る
ジップつき袋に材料を全ていれ、冷蔵庫で放置。
玉ねぎの水分が上がってきたら、味見して玉ねぎの辛味がとても気になる場合は塩を少し足す。ですが、日に日になじんできて、辛味はまろやかになってきます。f:id:isoos:20221003062741j:image

②今回は作って3日目の酢漬けを使用しました
ごはんの上に海苔をしき、玉ねぎの酢漬けをのっける。この時、少し汁もかけます

f:id:isoos:20221003062750j:image

③冷蔵庫にあった、枝豆、鮭フレーク、ゴマを乗っけてできあがり
f:id:isoos:20221003062759j:image

酢飯を作らなくても、玉ねぎの酢漬けを乗っけることで、
酢飯に変身です!!!!!

もうね、
簡単すぎるのに、最高においしいのです!!!!!!

 

「万能調味料」とも紹介されていますが、
まさにその通り!!!!!

割となんにでも合いますし、とてもおいしくしてくれる。

例えば、納豆に混ぜる。
野菜も取れるし、おいしい。
ドレッシング感覚で、茹でた野菜やお肉と一緒に食べる。おいしい。

ほんとにね、おいしいのです。

「玉ねぎの酢漬け」とにかく、おススメです。

按田ラブが止まりません。

 

※按田餃子のまわしものではないです。ただのファンです

 

とりあえず、大好きな按田さんのおススメの
YouTubeと本も紹介しておきます。


www.youtube.com

最高です。

以上です。

 

 

納豆についてる「カラシ」は捨てないで!!!!!!

f:id:isoos:20220914033730j:image

捨てないでシリーズ③つめです。

今回の「捨てないで!!」は、パック納豆に入っている「カラシ」です。

私の納豆消費量は平均して週に3~4回。
娘の離乳食で週に1回。程度。

私が納豆を食べる時は、

タレ(あんまり好きじゃないので、しょうゆや塩にすることが多い)
+ カラシ + お酢

をぐりぐり混ぜて食べます。

高頻度でお味噌汁に入れるので、その時はタレもカラシも使わない。
娘の離乳食にも両方入れない。
捨てるのももったいないので、冷蔵庫の小さなタッパーに詰め込んでおきます。

まあ、そういうことをずっとしていると、あっという間に
貯まるんです。タレとカラシが。。。。。。。

皆様は、これ、どう消費していますか???

タレは、
お味噌汁が薄味に仕上がったとき、タレをいれると味が決まるので、
そういう感じで、最後の味調整に使います。


カラシは、カラシ和えか、焼売食べる時に使う。くらいでした。

ですが、
今回は、そのカラシを大量に消費したいな、入れてみたらどうかな。
と思って、カボチャの煮物に入れてみたので、ご報告します!!!!!


◍材料
・カボチャ 1/4ヶ(一口大にカット)
・納豆についてくるカラシ 5~6ヶ
・塩
・ごま油

◍作り方
①切ったカボチャを鍋にいれて、少量の水を加え、蓋をして箸が通るまで蒸し煮f:id:isoos:20220914033743j:image

②火が入ったら、塩とカラシを入れて混ぜ合わせる
f:id:isoos:20220914033752j:image

③ごま油をまわし入れ、塩で味を調整してできあがり

 

簡単ですね。

気になるお味は、なんだか、おいしい。

 

おいしいぞ、これ。

 

カラシに旨味調味料でも入っているのか?????

f:id:isoos:20220914033800j:image

びっくりです。。。

辛味と香りはほのかに感じる程度。
でも、なんだかおいしいのです。

鶏ひき肉とキャベツの蒸し炒めにもいれてみたのですが、
これもなんだか、おいしくできたのです!!!!!!

 

今我が家にある「おかめ納豆」のカラシの原材料名をみたところ
【カラシ】からし醸造酢、食塩、植物油脂/酸味料、着色料(ウコン)、ビタミンC、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、香辛料

となっています。

料理がおいしくできたのは、「酢」と「アミノ酸」のおかげかな???
「/」以下が添加物なので、割と添加物入っているんですね。。。
ウコンって、添加物になっちゃうんですね。。。。

 

ということで、
今回の料理には、色々な発見がありました。

とりあえず、納豆についてくるカラシをたくさん料理にいれると
おいしくなります。
1、2個だと感じないかもなので、5~6個は入れてみてください。

いつもの料理にブチこんで見てください。

以上です。

 

夏が終わりそう。。「スイカの皮の浅漬け」も、もう食べ納めかな。。。。

f:id:isoos:20220806183054j:image

梨やブドウがでてきて嬉しい反面
夏の終わりを感じます。。。。。

なにもしてないよ!!今年の夏!!!!!
でも、たくさんスイカは食べることができました。
いいこといいこと。

イカを食べた分だけ、スイカの皮の浅漬けを食べました。

ハマって、少しづつ調味料を変えて作って楽しみました。

基本の作り方はコチラ

isoos.hatenablog.com

 

今回は、色々試したなかで、
特においしかったものをご紹介。
便利でおいしくて頻度多く登場する「マスタードシード」を使います。

 

◍材料
・スイカの皮
・スイカの皮の重量2%の塩よりやや少な目
マスタードシード 小1
お酢 少々
・油 大1

◍作り方
①身をとったスイカの皮の皮(緑の部分)をピーラーでむき、1㎝くらいの短冊切りにする
②塩とお酢を加えて混ぜる
③フライパンを傾けて谷を作り、そこに油とマスタードシードを入れて着火
④パチパチしてきたら(火傷に注意)、油ごと②にじゃっとかけて、よく混ぜるf:id:isoos:20220809061538j:image

⑤半日くらい馴染ませたらできあがり

f:id:isoos:20220809061547j:image

できたては、食感よくおいしい。
日が経つと、すこし甘さが増してまろやかになっておいしい。

大量にできちゃうので、2,3日かけて食べました。
が、
味が薄くしあがった場合は、早めに食べきることをおススメします。
普通のお漬物より、足が速い。と思います。

 

今回の浅漬け、マスタードシードがはいることで、
甘さの中にピリリとしたアクセントがあり、とてもとてもおいしい。
夏の味。

これのおかげで、暑いなつでも食欲減退することなく、お米をもりもり食べることができました。

また、来年も、食べることが楽しみだー。

我が子も、スイカが好きなようで、赤い物体が見えたらテンション上がっていました。
かわいい。

以上です。