たべものばかり

おいしいもの欲と育児の狭間から生まれるスパイス多めの簡単クイックレシピ

豚大根「決め手は材料の1%の塩」

f:id:isoos:20211109114247j:image

先日の大根サラダで使った大根の下の部分で煮物を作りました。

今回の料理で参考にしたレシピは、
あの「食いしん坊番長」稲田俊輔さんのツイッターで見つけたものです。

そのレシピはというと

豚肉、玉ねぎ、じゃが芋だいたい同量
その合計1%の塩
ひたひたの水、ベイリーフ
これらを90分トロ火にかけるだけ

この料理のポイントは
・他のスパイスは加えない(我慢)
・他の香味野菜は加えない、にんじんとかセロリとか(我慢)
・他の調味料は加えない(我慢)

我慢がおいしくさせるポイントのようです。

これ、何回か材料だけ変えて作っているのですが、塩だけなのに?!
ホントに?!!!!!
と、驚くくらいおいしいのです。
びっくりです。

野菜もおいしく仕上がりますが、お肉もやわらかに。
お肉は、鶏もも肉でも非常においしくできます。
ローリエをにんにくや、アニス、クローブなどに変えてもおいしくできます。
(稲田先生の教えにしたがって、スパイス類は1個にしてます)

ということで、
今回は、豚肉・大根・生姜の3つの材料で作ってみました。
冬っぽい。ホッコリ。

◍材料
・大根 1/2本くらい
・豚肉(カレー用に角切りされていたもの)
・しょうが
・食材の重量の1%の塩

◍作り方
①大根は、少し大き目にカット(下茹では不要です)、しょうがはスライス
f:id:isoos:20211109114304j:image

②豚肉、大根、しょうが、塩を鍋にいれて、ひたひたまで水を入れる
③火にかけて、沸騰したらアクを取るf:id:isoos:20211109114318j:image

④弱火にし、ゆらゆら動いてる感じをキープして約90分、蓋はせずに煮る
⑤↓左→右の写真のように、水分が減っているのが分かります
塩味を確認して、できあがり
f:id:isoos:20211109114329j:image

時間はかかりますが、最初にこの料理をしかけておけば、他のことができます。
噴きこぼれる心配はありませんが、一応気にかけてあげてください。。。。
乾燥の季節ですし。。。。

おいしい!!!
はずが、
やってしまった。。。。。。。
味がうっすい。。。
何回も作っている料理なので、味見せず食卓にだしたら‥‥味が薄くて、滋味深すぎる味‥‥
私のテンションだだ下がり&落ち込む‥‥
しかもその日は、たまにくる育児疲れよるメンタル弱々の日で‥‥

何も悪くないオットさんに、八つ当たりしてしまって、自己嫌悪。
でも、自分じゃ、この感情どうにもできないのじゃーーーーーーー。
と、この日は早々に寝ました。

材料の重量を間違ったのでしょうね、、、
疲れている時は、数字が追えなくなりますから!!!!
お気をつけて。

ただ、1つ発見がありました。
塩が足りていないことで、お肉がやや硬くしあがったように思います。

お肉を柔らかくする効果が塩にもあるのでしょう!!!

そして、このレシピの考案者である稲田さんの面白すぎる本がこちら。
これを読んで夜マックに衝撃を受けました。
食いしん坊万歳。

 

以上です。